作業員

生活を脅かす虫

シロアリ被害

薬剤を使う

木造の一戸建てを建てる時はシロアリ対策が欠かせません。シロアリは人間の目が届かない天井裏に巣を作ることもありますので、住人が気づかない内に建物を破壊してしまうのです。シロアリの予防や駆除には専用の薬剤が販売されているため、簡単に設置したり噴射したりして使用できます。こうした薬剤使う時は、自宅に病気の方や乳幼児がいないかを確認し、健康被害が出ないように配慮します。シロアリ駆除業者に仕事を任せる際は人体や自然環境に影響がない薬剤を使ってくれる場所を選ぶと良いでしょう。また建物の構造や薬剤を散布する場所によってはすぐに効果が切れることもありますので、アフターケアサービスを整えている業者に仕事を任せることが大切です。

生態系を知る

住まいに出没する害虫の中でもシロアリは厄介です。アパート暮らしであれば大切な木が食い破られてしまうことで知られています。シロアリはセルロースと言う炭水化物を食料にする昆虫であり、その繊維が含まれているものであれば紙や畳など幅広いものを口にします。そのため住宅に出没した際は早期に対処しないと被害が拡大するのです。ヒノキにはシロアリが忌避する成分が含まれているとされますが、こうした木でも食べることはありますので注意が必要です。またシロアリは群れを成して行動しますので、家に出没するようになった時は巣が作られていると考えましょう。木の柱の中だけでなく、土中に巣を形成することもあります。床下の巣からシロアリが上がってくる場合は、巣の撤去だけでなく工事を検討すると侵入の予防になります。